あつまれどうぶつの森

[スタッフブログ] [古里店]

「私もあつ森やってみたい」と小5の娘に言われたコロナ自粛中。時間あり余ってるもんね...まぁ、いっか!と軽い気持ちで購入しました。娘が島民代表としてゲームする中、私も小2息子も島民となり共に島の発展に奮闘しています。ゲームなのでクリア条件もあり、「博物館を作る」「商店を開放する」「移住者を迎え入れる」などと進めるとどんどん島が発展し、最終的には「島クリエイター」となり、住んでる島のレイアウトを変えられるように。どうしてもそれになりたい!と子供たちは奮闘。しかも私は何も調べてないのにクリア条件を知っている...「どこでそんな情報を?」と聞くと「YouTubeでやってた」と。今の子供たちの情報源はYouTubeなのね~と実感。しかし見てると子供たちの性格が出てて面白い。娘はとにかくベル(お金)を貯めて貯金するタイプ。買いたいものも「高いな~...貯金減っちゃうから止めようかな...」と悩む姿も。逆に息子は買いたいものをポンポン買って、見て見て!と自慢してくる。そして数日経つと「もういらないから売っちゃった」と言い、また欲しいものを見つけてはお金を貯めて買って...を繰り返しています。何この正反対の性格...。ゲームだってみんなで楽しめば立派なコミュニケーションツール。しばらくはまだまだハマりそうです。

栄養士/登録販売者 宮尾